概要
この[鉄骨ビルト展開ソフト]は1990年に開発、販売しているソフトをインターネット上で使えるように開発しました、
使用は以前開発されたものと同様です。
4種類のビルトタイプ BH,BT,B[,BB, ウェイブタイプは10種、斜めウエイブ、留め切り、形状表示
一か月無料でテストが行え、月5000円で使用できます。
お申し込みは tcsincms@gmail.com までご連絡ください。

1)http://www.bells3.pw    を入力
2)下記画面が表示されます。
3)[鉄骨ビルト展開ソフト] をクリック
no1
4)下記画面が展開します。
閲覧版の場合はこの画面はジャンプします。
正式版は当社から与えられたURL  http://www.bells3.pw/buildxx   xx当社から提供されます。
LOGIN名 bells3_buildxx  Password 貴社で決定したもの
5) Password 入力
Login
6) 下記画面[受注一覧]が展開されます。
ここでは色々な形状のサンプルを用意しました、[受注番号]をクリックして<テータ入力>、<データ出力>画面で閲覧できます
クリックすると[Order No]にクリックした受注番号が表示されます。
[得意先][工事名][納入先]は右側ボックスの入力時のテーブルを作成します。
閲覧版は入力、EDL,EDIT,COPYは使えませんProtectされてます。

start
7)[一括入力]をクリックすると下記画面が展開します。
右ボックスが入力項目です、[ビルトタイプ][W材質][F材質]はテーブルより選択
ここで必ず基本的なデータを入力します。[直][異型],入力後必ず[詳細変換]ボタンをおしてください。
[詳細変換]は各プレートの重量計算、描画用のデータを作成します。
一括入力
8)詳細入力画面が展開します、一括入力で[詳細変換]をクリックした結果は下記[商品名][重量][溶接長]、フランジ[F1]ウエイブ[W2],絵のデータがセット
されます。 ウェイブタイプを変更することによりいろいろな形状のウエイブ、フランジが作成されます。
9)右側ボックスの[符号]をクリックして色々な形状を確認してください。
10)各変更後[単体計算][全体計算]で再計算をいます。
11)[切板番号][切板符号]を押すと入力されているすべてのデータに連番、連続符号を設定します。
詳細入力
12)下記は[詳細変換]、[単体計算]で作成された絵、フランジ、ウエイブのデータです。

詳細入力絵
13)[展開材明細書]をクリックすると下記画面が展開します。
14)[展開入力書]をクリックすると[OK]ボタンが表示{OK]をクリック。
15)[選択]ボタンで必要な符号の製品を選ぶことができます。通常は全出力です。
16)[絵有][絵無]を選びます通常は[絵有]です。
展開材明細書
17)展開入力書が表示されます、このデータはPDFファイルで、保存又は印字をるることができます。
展開明細印字
18)[フランジ注文書]をクリックすると下記画面が展開します。
19[フランジ注文書]ボタンをクリックすると[OK}ボタンが表示され{OK]をクリック。
フランジ注文

20)フランジ注文書が表示されます。
flange
22)ウエイブ注文書

ウエイブ注"
ウエイブ印字
23)製品検査
製品検査
製品印字

24)ラベル出力
ラベル
ラベル印字
24)展開入力書
展開

展開印字
25)製品出荷書
製品出荷

製品出荷印字

26)材質  基本的な材質28個は既に登録されています。
材質
27)溶接換算率  ここでは基本的な板厚の換算率、面積が登録されています。

溶接
28)システム設定  [受注番号]受注番号の開始番号を設定[単重掛率]重量計算時に変更可能[ラベルX,Y位置]ラベル印字時の開始位置を設定します。
29)ラベル会社名 ラベル印字の時の名前を登録します。
30)[製品検査]の出力時の頭書きを4列3行でせっていします。
システム設定